生活習慣全般を見直しました

子供の頃から帽子を被るのが当たり前で過ごしてきたので、大人になり社会人になってからも普段のオシャレとして様々なタイプの帽子を被り続けていました。ですがそれが原因で頭が蒸れてしまい、そのことが薄毛に繋がっているのかもしれないと考えるようになり、帽子を被って出かけることを止めました。
それをキッカケに様々な生活習慣を見直すようになり、バラバラだった睡眠時間を7時間程度に安定させてみたり、脂分の多い食事をやめて野菜や海藻を多く食べるようにするなど工夫を凝らすようになり、いつしか抜け毛の数が少しずつ減り始め、ガムテープを使ってベッドの掃除をしても以前のように抜け毛がいっぱい付いてくるということがなくなっています。
とりあえず抜け毛を抑えられるようになってきたので、ひとまず悪化を食い止められているのだろうと安心しています。

育毛剤で人気のサイト

【育毛剤批評LABO】2017年のおすすめ育毛剤はコレだ!

精神的に落ち着くことができたのでストレスを感じることもなくなり、抜け毛以外の面でも良い影響を感じられています。。

薄毛対策目的でシャンプーを使い始める

抜け毛と共に気になっていたのが頭の皮脂が増えたことです。頭皮を触ってみると指先に付着する皮脂の量が以前よりも増えたと感じていました。皮脂の増加はAGAの典型的な症状なので、とても不安な気持ちになりました。髪の毛で悩むことになるのは10年以上先だと考えていたので、予想していたよりもかなり速いです。そのため、抜け毛や頭皮の皮脂に対して何も対策していませんでした。AGAに効果がありそうな薄毛対策といえば発毛剤や育毛剤があります。
しかし、発毛剤や育毛剤だけに頼る薄毛対策はベストではない気がしたため、他も検討してみることにしました。できるだけ楽な薄毛対策を探してみたところ、海外で販売されているシャンプーに興味を持ちました。抜け毛の原因となるDHTの生成を抑制したり、過剰な皮脂の分泌を減らしたりといった効果に期待できるシャンプーを発見し、購入しました。シャンプーなので使用方法はとても簡単ですし、頭皮の脂は以前よりも減っていますが、抜け毛に対してはまだ効果を実感できていません。

薄毛対策は食事から行っています。

薄毛となる原因には、加齢やストレスなど様々な要因があります。そのための薬剤もたくさん販売されていますが、私は食事をしっかり摂取することが何よりの薄毛対策になると思います。
私が意識して摂取している食品は、大豆イソフラボンと亜鉛、ミネラルです。特に大豆イソフラボンは健康に欠かせない成分ですので、毎食必ず何かしらの大豆食品を食べています。
油物の摂りすぎは薄毛の原因になりますので、できるだけ野菜を中心とした食生活にしています。一番お手軽でオススメなメニューは「豆乳鍋」です。少し味にクセはありますが、一度に沢山の栄養を摂取できるので、食事のメニューに迷ったら豆乳鍋にしています。
豆乳は女性に大人気のコラーゲンも豊富に含まれていて、お肌がプルプルになります。豆乳とバナナという組み合わせも栄養価が高く、イライラしたりストレスからの気持ちの浮き沈みを緩和させてくれます。お通じも良くなるので、朝食にはオススメです。
このように食事から見直していくことで、しっかり薄毛対策になっていると思います。